ふるさとの台所おたすけレシピ

若い世代の方々が気楽に「作ってみたいな」とチャレンジできるように、

途中経過の写真も使って本の内容を少〜し丁寧にご紹介しました。

coocpad〈アカウント名/ふるさとの台所〉でも発信!

いたどりの油いため(p.6)

食べるのは主に高知県民だけ、「ソウルフード」と呼んでも過言でないほど愛される食材です。
ページの最後につけた「うちんくの台所」には皆さんから寄せられたイタドリ料理のうんちくが並び、まるで各家庭の「台所」が見えてくるようです。

詳細は→こちら

りゅうきゅうのいため物(p.64)

シンプルな味付けでサッと炒めて出来上がり!
お酒の肴にぼっちりです。

詳細は→こちら

りゅうきゅうのすし(p.66)

すっきりとした緑色が皿鉢の中でも映えます。
「田舎寿司」の定番、りゅうきゅうの押し寿司。

詳細は→こちら

せいそう御飯(p.78)

せいそうを刻んでパッパと混ぜ合わせるだけの簡単な夏の普段食です。

詳細は→こちら

きくらげの佃煮(p.80)

白い御飯とうんと合う一品です。
もちろんお酒のツマミにもぴったり。

詳細は→こちら

葉ニンニクのヌタ(p.90)

土佐流バーニャカウダ!
葉ニンニクを使った高知独自の味です。

詳細は→こちら

かつお茶づけ(p.95)

熱々の茶づけもえいけんど、夏には漬けたかつおを冷蔵庫で冷やして御飯にかけたらサッパリおいしく食べられます。

詳細は→こちら

茶巾しぼり(p.127)

本ではさつま芋を使っていますが、里芋を使ったバージョンをご紹介。

詳細は→こちら

柿なます(p.136)

貴重な砂糖の代用として使われていたらしい柿。

断然ヘルシーで今の時代にはこっちの方が好まれること請け合い!

詳細は→こちら

チャーテの酢の物(柿なます応用編)

詳細は→こちら

大平かぶと鯨の煮もの(p.173)

越知町に伝わる伝統野菜「大平かぶ」と鯨を炊き合わせた行事食。

詳細は→こちら

いもたき(p.177)

秋の山里の恵みをひと椀に。

「ツガニ汁」四万十流域バージョンです。

詳細は→こちら

しいたけすし(p.141)                                こんにゃくすし(p.205)

詳細は→こちら

こんにゃくのたたき(p.204)

入手は困難かと思いますが「こんにゃく芋」から作るプロセスをご紹介。チャンスがあれば是非トライを!

詳細は→こちら

干し筍の油炒め(p.207)

詳細は→こちら

蒸し鯛(p.220)

土佐のハレの日の料理。

詳細は→こちら

Copyright (C) 株式会社わらびの All Rights Reserved.