こんにゃくのたたき(p.204)

レシピ協力:香美物部農漁村女性グループ研究会

灰汁ばかりか、生のこんにゃく芋を手に入れることもなかなか難しいとは思われますが、チャンスがあればぜひ一度挑戦してみて欲しい「手作りこんにゃく」です。

市販のコリッとした食感と違い、もっそりと素朴な味わいがあります。

レシピにある炭酸ナトリウムを使うと色白のこんにゃくが、昔ながらの広葉樹から出た灰汁で作ると黒っぽいこんにゃくができます。

色黒が本物!

材料(大きめの丸こんにゃく約10個)

・こんにゃく芋・・・1Kg

・炭酸ナトリウム・・20g

・微温湯(蛇口から出るぬるま湯でOK)

作り方

こんにゃく芋はよく洗い、皮付きのまま切って箸が通るくらいまで柔らかく煮る。

熱いうちに皮を手でむいて、ミキサーで撹拌しやすいくらいに小さく切る。

2回位に分けて、芋の量の8分目くらいまで微温湯を入れてスイッチオン。

徐々に音が変わってきて、上の方から段々動かなくなる。指で示したあたりまで動かなくなったらOK。

大きめのボールにあけて、300ccの微温湯で溶いた炭酸ナトリウムを加える。

「この時、1.5カップのおからを加えたら、ちょっと変わった風味のコンニャクに仕上がるよ」

丹念に混ぜ合わせる。

目安はつるりと指にひっつかんなるくらい。

「かなり混ぜないかんきね」

※かぶれやすい人はゴム手袋をオススメ!

手に水をつけて好みの分量をすくい取り形を整える。

「指の形がついてしまわんように素早く!大きゅうにしょうと思うても後から足すことはできんき」

整形したらそのままそっと沸騰した湯の中へ滑らせて、30分ほど煮る。

十分に煮えたら水に晒す。

出来上がったら薄くスライスし手作り豆腐などと共に並べ、葉ニンニクのヌタ、柚子ポンズ、柚子味噌などをつけながら食べる。

うちんくの台所

灰汁を取ってから作る方法はこちらを参考にしてください。

「N家の手づくりこんにゃく」

Copyright (C) 株式会社わらびの All Rights Reserved.